MENU

無職の主婦が審査通過するコツ

審査の内容は本人確認・職業・勤務年数・年収・他社の借り入れ状況というのは一般的ですが、収入のない専業主婦の場合は本人確認・夫に安定した収入があるかどうか・他社の借り入れ状況となります。
しかし審査基準はどのカードローン会社も公開していないので借りる側としては不安で気になるところです。
ではどういった場合は不利になるのでしょう。
まずどうしてもカードローンを利用したいからと同時に複数のカードローン会社に申し込みしてはいけません。
申し込みブラックとまではいかなくても焦っているのがわかり資金にかなり苦労していると疑われカードローン会社に敬遠されます。
また既に他社で借り入れがある場合は延滞などを気をつけるのは当然ですがなるべく返済し解約してから次に申し込みましょう。
金額が少なくても多重債務を疑われます。
そして審査項目で一つでも嘘の申告をすると審査には通りません。
審査に通るか不安だから夫の年収を高く申告したり他社の借り入れ状況を隠したとしてもすぐに嘘だとわかります。
カードローン会社は在籍確認の電話で申し込んだ本人が本人確認書類の現住所に実在するのかを調べますが、他に信用情報機関に申込者の個人信用情報があるかどうかまたその内容はどうか他社との取引や過去の金融事故は無いかなどを厳密に調べます。
金融機関は広い情報網を持っているので大体のことは調べ尽くせます。
申告時に他社の利用で自分でもあまり記憶になく不安な点は自分の個人信用情報を確認してみるのも良いでしょう。
正直に真実を申告することが大切です。