MENU

勤務形態も審査対象?

カードローンを利用してみたいけど、自分は正社員ではないから貸してもらえないのでは、と不安をお持ちの方も少なくありません。
カードローンの利用条件の第一に挙げられるのが、安定した収入があることです。
専業主婦の方が利用できるカードローンなど一部例外はありますが、基本的には仕事をしているという条件を満たす必要があります。
毎月一定の収入があれば、正社員である必要はありません。
派遣社員であろうとアルバイトやパート勤めであろうと関係ありません。
カードローン会社にとって一番大切なポイントは、貸したお金を返してもらえるかということです。
雇用形態がどうであれ、月々ちゃんとお給料をもらって生活している人ならOKということになります。
申込み時には年収などを申告しますが、一概に年収が多い少ないだけで判断されるわけではありません。
カードローンの利用においては、毎月一定額を返済するケースが一般的です。
なので毎月の所定日にきちんとお給料を受け取っている人は、返済が滞る心配は少ないとみなされ、それだけである程度の信用が得られるのです。
少ない額でもコツコツと返済を続けてくれそうな人は、返済能力ありということになります。
もちろん審査では収入のほかにも、勤続年数など色々な面を総合して判断が下されます。
たびたび職場を変えているといった事実は、審査に不利に影響することもあります。
また過去に延滞があったり、現在多くの借入を抱えている場合も、審査に通る可能性はかなり低くなります。